6月の第三日曜日は皆さん、何の日かご存知ですか?

そう、それは父の日!!

今年は6月19日(日)です。

母の日と違ってついつい忘れがちな父の日。

しかし、一家の大黒柱としてお父さんも日々日々頑張っているのです…どうか忘れないであげて…

ということで今回は「あ、そういえば父の日何をあげようか全く考えていなかった」という方たちのために父の日にあげる人気、おすすめプレゼントについて記事にしてみました。

父の日ってそもそも何?

父の日 2016

さてプレゼントの話にいく前に、みなさんそもそも父の日っていつから始まったかご存知ですか?

 

実はこの父の日、元々は1910年にアメリカの ソノラ・スマート・ドッドさんが男手1つで自分を育ててくれた亡き父を讃え、父の誕生日である6月に教会で礼拝をしてもらっていたことがきっかけて言われています。

ドッドさんは父、母、そして6人兄弟という子沢山な家庭でしたが、当時は南北戦争が勃発。

父親は南北戦争に招集され、母親が6人を養っていましたが、父親が南北戦争から帰ってくると母親は亡くなってしまい、その後は父親が6人の子供たちを育て上げたそうです。

当時、すでに「母の日」は存在していましたが「父の日」はまだなかったために、ドッドさんは「父の日もあるべきだ」と牧師協会へ嘆願。

その後の1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンが6月の第3日曜日を父の日に定めたことで「父の日」が定着しました。

ちなみに日本では いち早く50年頃から取入れられているそう。

確かに母の日があるのに父の日がないのはちょっとお父さん可哀想ですね。

ちなみに日本やアメリカでは「父の日」は6月の第三日曜日ですが、北欧の地域では11月第2日曜日、ブラジルでは母の日の3ヶ月後の8月第2日曜日というように各国によって日にちは違うようです。

父の日2016のおすすめプレゼント

父の日 2016

さてここからが本題。

ここからは筆者が独断と偏見にもとづき、お父さんならどんなものを父の日に貰ったら嬉しいか考えてみました。

 

・ネクタイやタイピンなどのビジネス小物

かなり鉄板ですが、お勤めの方であればやはりこれ。

毎日使うものなので愛着がわきますし、職場で「これ父の日にもらったんだ〜」と同僚に自慢できるのもさりげに良いです。

他にも万年筆、名刺入れ、ハンカチなど小物類は貰っても迷惑することがないのでおすすめです。

また本をよく読む方であれば栞を始めとした読書お役立ちグッズもいいかもしれません

ただし手帳などは人によって好みが分かれるのであまり買わないのが無難だと思います。

 

・花

母の日にはカーネーションをあげますよね。

では父の日は何かといいますとバラ。

これは先程紹介したアメリカのドッドさんが父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされています。

こちらのようなお花のセットなんかかなり喜ばれるのではないでしょうか。

父の日 鉢植え「くちなし~上品な香りの贈り物~

 

・ビールなどお酒

これも父の日には鉄板ですね。

毎日疲れて帰ってきたあとに風呂あがりに飲むビールが最高にたまらないというお父さんも多いはず。

こんな感じでいろんなビールが入っているギフトなんかいいですね。

父の日 花束セット「北海道地ビール飲みくらべ」

他にも焼酎やワイン、ウィスキーももちろんOKです。

お父さんのお酒の好みがなんなのか把握していればGoodですね。

またお酒そのものではなく、グラスなどの容器でも良いと思います。

最近はお酒専用のタンブラーも人気なのでいいかもです。

 

最後に

ということで今回は父の日にあげるプレゼントについて考えてみました。

普段なかなかプレゼントなんてあげる機会なんてないですから、ここでお父さんからの株をあげて、何倍ものリターンを狙いましょう笑