2016年7月6日(水)放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』の2時間スペシャルにて、ダーツの旅のBGMを歌っているスプーキールーベンさんが登場、スタジオで生演奏をします!

ダーツの旅のBGMと言えば、あれですね、あの「ウウウッウヤーヤーロープウェイ…♪」みたいな曲ですね笑

一度聞いたらかなり耳に残る印象的な曲ですが、これまで一体だれが歌っているのかはダーツの旅の長い歴史の中でも触れられていませんでした。

しかしとうとう今回の笑ってコラえてではついにその歌手が誰なのかが明かされ、さらには生演奏まで披露!

ダーツの旅にまた新たなスターが誕生するかもしれません!

ダーツの旅の挿入歌BGM

ダーツの旅

日本列島ダーツの旅は笑ってコラえての人気企画。

日本中にいる素晴らしい人たちをたくさん紹介すること」をコンセプトにした同番組にぴったりの企画で、ディレクターとアシスタントディレクターを中心に時には有村架純さんといった有名芸能人が日本列島の地図に向かってダーツを投げ、ダーツが刺さった地域を訪問。

ちなみに今回の放送では木村佳乃さん&ピース・綾部祐二さんが三重県菰野(こもの)町というところにいきます。

そんなダーツの旅でよく流れているのがこのBGM。

イントロの部分が印象的すぎて一度聞いたらしばらく頭の中でループが始まりますよね笑

いったいこの曲はどんなアーティストの方が歌っているんでしょうか?

スプーキールーベンのWiki風プロフ

スプーキー・ルーベン

この曲を歌うのはこちらの写真のスプーキー・ルーベンさん。

スプーキー・ルーベン(Spookey Ruben)

出身 カナダ・オンタリオ

活動期間 1995年-

スプーキー・ルーベンさんはカナダ出身のミュージシャン。

出身はカナダのようですが、父の仕事の都合で幼少時代はドイツやオランダ、アメリカなどで暮らしていたそうです。

作詞作曲編曲、さらには映像作品の監督なんかも手がけていて、ショートフィルムなんかを公開しています。

スプーキー・ルーベンさんはこれまでに10枚のアルバムをリリースしています。

  • Modes of Transportation Vol. 1 
  • Wendy Mcdonald – Live in Japan EP 
  • Modes of Transportation Vol. 2: What’s a Boy to do?
  • Brunch
  • Bed and Breakfast
  • Alone At The Zoo
  • Ausfahrt Walsrode EP
  • Mechanical Royalty 
  • Shackleton
  • Welsh Rarebit

ダーツの旅の曲は “These Days Are old”という曲名で、スプーキー・ルーベンさんが1995年リリースした初のアルバム「Modes of Transportation Vol. 1 」の2曲目に収録されています。

ダーツの旅の番組ではイントロのコーラスとアウトロのギターソロを繋げたものが使われていますね。

スプーキー・ルーベンが笑ってこらえてで生演奏

スポンサーリンク
 

今回の笑ってこらえてではスプーキー・ルーベンさんがスタジオに登場して生演奏を披露します!

どんな感じになるんだろうと思ってスプーキー・ルーベンさんのライブの演奏がないのか探してみました!

こちらCD屋さんで演奏をしていますね。

おそらく今回のライブもこのようにアコギ一本で演奏を聞かせてくれるのではないでしょうか。

 

ということで今回はダーツの旅の挿入歌BGMのスプーキールーベンさんのプロフィールについて記事にしてみました!

スポンサーリンク