「ヒルナンデス」や「イッテQ」など数多くのバラエティー番組で活躍中の河北麻友子さん!

元々はファッションモデルなんですが、あの天真爛漫なキャラはバラエティーにぴったりですよね〜

イッテQの出川ガールはすでに卒業してしまいましたが、就任していた当時は出川さんと揃ってかなり体を張ったことなんかもしていて「本当にモデルなのかよ笑」とツッコミたくなるほどでした笑

可愛くてバラエティーにも対応しているって本当最強ですよね笑

河北麻友子さんは日本人ですが、実はもともと父親がニューヨークで会社を経営しているので、実家はアメリカ。

だから英語がペラペラなんです!

今回はそんな河北麻友子さんの英語力がいかにすごいかということについてフォーカスを当ててみました!

河北麻友子のプロフィール

河北麻友子

河北麻友子さんは2003年に行われた第9回全日本国民的美少女コンテストにて10万234分の1という驚異的な倍率の中、見事グランプリに輝きました。

どんだけの倍率ですか笑

こちらが当時の写真。

河北麻友子

あら!まだ幼い!!

天使のような可愛いさ笑

もちろん今もむちゃくちゃ可愛いですが、昔からこんなに可愛かったんですね〜

この時はまだ小学生くらいの時ですね。

河北麻友子さんはお父さんのお仕事の関係でニューヨークで生まれ育っていましたが、小学生ながら日本で女優を目指すために単身で初訪日。

小学生なのに勇気ありすぎでしょ笑

多分日本語学校とか向こうで通っていたんだと思いますけど、それにしても自分の日本語が通じるのかどうかとか不安じゃなかったんですかね?

河北麻友子の英語の発音がすごい

河北麻友子

幼い頃からずっとニューヨークに住んでいたということもあり、河北麻友子さんの英語は完璧。

“Robert De Niro”、”McDonald”、”Denzel Washington”、”Training Day”と単語の発音は完璧。

Rの発音とか完全にアメリカ英語ですね。

さらに本当に少しですが、センテンスで英語を喋っているものもありました。

最初のほうで”What is this? Is it dangerous?”と言っています。

筆者が聞いた感じではセンテンスのほうは少し日本語訛りが入っているかなと思いました。

ニューヨークに住んでいた時も日本語と英語どっちも学んでいたようなので日本語のアクセントが少し混ざってしまったのかもしれません。

まあ、もしくはこのロケの最中ずっと日本語で会話していたのに急に英語を喋ったから舌の動きがうまく英語に合わせられなかったというとこですかね。

ていうかロバート・デ・ニーロの正しい発音てそういう感じなんだ笑

河北麻友子の実家は金持ちで父親は経営者

[ad#co-2]

そんな河北麻友子さんは実家がものすごい大金持ち。

もともと父親がニューヨークで会社を経営しているので、実家はアメリカでしかもお隣さんはなんとロバート・デニーロとビヨンセ。

意味わからん笑

場所はどこなのかと調べてみるとどうやらニューヨークのアッパーウェストサイドというセントラルパークの西に位置する高級住宅地らしいです。

ロバート・デニーロはここに約2000万ドル(約18億円)の豪邸を建設しています。

こんな大豪邸がある住宅街に住んでいるなんて河北麻友子さんの家がどんだけ金持ちなのか想像できますよね。

というのもWikiによれば、高祖父は吉田松陰の教え子(松下村塾出身)でサンフランシスコ領事を務めた河北義次郎

松下村塾出身ということはあの高杉晋作や桂小五郎とも縁があったということです。

河北義次郎は政府からの命令で渡英する際に高杉晋作から寄せ書きをもらったこともあるそうです。

なんていうお嬢様な家系…

 

ということで今回は河北麻友子さんの英語力について記事にしてみました。